友人のぶちかました風俗論

  • 2013年05月08日

「風俗嬢をついつい呼んじゃうときってどういうときよ?」という話題で、こないだめちゃくちゃ友だちと盛り上がりました。仲間4人で居酒屋の個室でこの話題で盛り上がってました。注文取りに来た店員さんとかちょっと変な顔をするぐらいばか笑いしてたんだけど、とにかく楽しい話題でした。なかでも、五反田のデリヘルはほとんど制覇したと豪語してる男が中にいて、そいつが哀愁ただよう「男心と風俗」論を語りだしてたのがめちゃ受けました。そいつが言うには、風俗っていうのは男にとってなくてはならないものらしいです。彼女とのラブがあったところでも満たされないものを男は風俗で解消しなくちゃならないんだそうです。ひとりエッチでもだめ、風俗じゃなくちゃというものがあるそうです。で、結論として、風俗じゃなくちゃだめっていうのは何なのかっていうところで喧々諤々とやりあい、結果ギャンブル性こそが風俗ならではのものだという結論になりました。

 

合わせて読みたい体験談